2歳児の頭の中|幸せの秘訣を垣間見た話。

言葉が遅れていた息子。

ところがここ2,3ヶ月で急に話すようになり、息子がどんなことを考えているか、思っているかが少しずつ見えるように。

そんな2歳児の頭の中。最近息子をとても尊敬することがあります。

今日はそんなことについてつらつら呟きます。

 

スポンサーリンク

2歳児の頭の中

うちの息子ちゃんは言葉が遅く、2歳半の時点で話す言葉は30単語ほど。

区の親子教室にも通っていたり、発達障害かもと不安になってみたり、、とにかくいろいろ心配しておりました。

私自身も、正直なところ息子のことがよくわからず。

とにかくやりたいことに夢中。爆走上等。嫌なことは断固として「イヤ」「ダメ」。

話しかけても興味がないことは無視されることが多く

「きっとわかってくれているだろう。」

「きっと理解しているだろう」

と思いつつも、彼が何をどこまで考えているのか、理解しているのかは正直見えてきませんでした。

そんな息子だったのですが、ここ2,3ヶ月で一気に言葉が増え、2歳11か月(修正2歳9ヶ月)現在、単語や2語文を操りながら、いろいろなことを伝えてくれるようになりました。

つたないながらも言葉が出始め、「えれべーたー」と言いながら、レゴの人形を持ち上げていたり、「おうましゃん」と言いながら犬のぬいぐるみにまたがっていたり。

少しずつ「わあそんなことを考えているのね」と驚かされることが増えてきました。

 

スポンサーリンク

遊びからの帰り道、寝る前、「嬉しかったこと」ばかり伝えてくる息子

そんな息子が最近よく話す言葉が「○○よかった」なのです。

現在の息子は、嬉しいこと、楽しいこと、良かったことを全部ひっくるめて「よかった」という一言で表現します。

「おともちよかった(おともだちと遊べて嬉しかった)」

「しべりだいよかった(滑り台で滑れて楽しかった)」

「かっかしべりだいよかった(かーちゃんが滑り台滑ってくれて嬉しかった)」

「あたらしいハンバーグよかった(新しいお店でハンバーガーを食べて嬉しかった)」

「なべよかった。ぐるぐるよかった。(おなべのおもちゃをぐるぐるかき混ぜるのが楽しかった)」

などなど。。。

 

それを、帰りの車の中や寝る前にずーーっとひたすら伝えてきます。

 

ところが彼の今日1日を振り返ってみると、決して幸せなことばかりじゃないんですよね。

  • 朝、予定があるのに着替えたがらず、かーちゃんに怒られしばらく放置され。最終的には無理やり羽交い絞めにされて着替えさせられた。
  • お兄ちゃんと遊びたくてたくさんアピールしたのに、相手にしてもらえなかった。
  • 「お家帰ったらアイス食べようね」の言葉を信じて家に帰ってきたら、かーちゃんのミスで家にアイスがなく食べられなかった。
  • 癇癪おこして暴れまわっている時に、膝で思い切り口をぶつけ唇から血が出た。

 

ええ。大人と同じ。良いことばかりじゃない。

 

それでも、寝る前とかにずーっと「よかった」話をたくさんしてくれるんです。

これってこのくらいの年齢の子特有なのか、息子特有なのかはわからないのですが、

私まで幸せになるんですよね。

ちゃんといろいろ覚えているんだね。

そんなささいなことも嬉しかった、楽しかったって思ってるんだね

私が滑り台一緒に滑って嬉しいって思ってくれてたんだね(ふだんあまり滑ってあげてない)。

そんな風に思って、心がほっこりするし、彼に「幸せだ」と言ってもらえているようでとても嬉しくなります。

 

スポンサーリンク

息子からみやぞんを思い出す。彼の幸せの秘訣。

話は急に変わって、最近みやぞんがすごく好きなんです私。

天然な方なのでテレビではよく笑われておりますが、彼の話す言葉はとてもシンプルでいつも心に響くんです。

そんなみやぞんが「幸せの秘訣」について話していたことがあって。

「遠い未来と同じように、5秒先だって未来。今楽しくしていればすぐに5秒経つ。だから未来は明るい!」

なんか、良いなあ~と。

だからあんなに幸せそうなんだろうなと思いました。

きっと子どもも同じで、本能的に最初から良いことに目を向けるようになっているのかもしれないなと。みやぞんはもしかしたらそのまま大人になったんじゃないかなと。

大人になるうちに、それが少しずつ「やらなきゃいけないこと」「失敗してしまったこと」「過去への後悔」「未来への不安」に目を向けるようになってきて、今を幸せに感じる大人が少なくなってしまうんじゃないかなと。

やぞんの言うように、今が幸せであれば5秒後も幸せで、それが未来になっていくんですよね。

息子の「○○よかった」にそんな幸せの秘訣を垣間見た気がしました。

 

スポンサーリンク

このままでいてくれたら嬉しいな。

息子の「〇〇よかったー」に日々癒されている私ですが、そんな素敵な部分を失わないように大きくなってくれたら嬉しいなと思っています。

息子はよく笑うし、いろいろなお友達にどんどん絡んでいくし、2歳現在はネアカ人間だと思います。

大きくなる過程でも、その明るさを大切にしてほしいなと。

特に我ら夫婦は2人とも確実に「マイナス思考」が強い人間なので。。そんな夫婦に育てられるうちに、心配事や常識でガッチガチ人間にならなかったらよいなあと心配しています。

そんな息子の未来を憂いている私はやはりマイナス思考人間ですね(笑)

 

スポンサーリンク

最後に

赤ちゃんは赤ちゃんでとてもかわいいけれど、言葉を話すようになって何を考えているのかがわかるようになってくると、それはそれでとても楽しいしかわいい。

そんなかわいいかわいいと思っていた息子ですが、「幸せに生きる力」ついては、私よりもずっとレベルは上で見習うべきところもたくさんあるなと思います。

私は母親で彼は息子という立場ではあるけれど、親とか子どもとか関係なく、素敵なところは尊敬して盗んでいきたいなと思った日でした。