【車中泊】セレナC25 子供用2段ベッドを自作しました

先日、息子の車中泊用ベッドを作成しました。

SPF材とベニヤを主な材料とし、簡単にバラせる仕様に。

とても簡単で安く済ませられます。

以下、使用した材料や形状についてまとめてシェアさせていただきます。

 

スポンサーリンク

車中泊ありきの我が家

連休などの長期休暇の旅行。

我が家は車中泊を取り入れることが多いです。

車中泊と宿を交互に点々とすることもあれば、

夜の内に渋滞する地帯を抜けて、パーキングエリアや道の駅で車中泊。

その後は宿に泊まることもあります。

今までは、9年目になるセレナC25の後部座席をただフラットにして寝ていました。

ところが息子も2歳になってきたことだし、後部座席をただフラットに倒すだけではもう狭い。

そこで、更に快適な車中泊ライフを送れるように息子の車中泊用ベッドを作成しました!

 

スポンサーリンク

SPF材とベニヤ使用。極力お金をかけずに、コンパクトに

車中泊の自作ベッドといえば、イレクターパイプ製が主流。

コンパクトでシンプルで素敵なのですが、総額にするとやはり2-3万かかるんですよね。

我が家の場合は、2歳くんが寝られる小さいスペースで良い。

使い勝手や成長に合わせて、

気楽に改良や調整できるように、極力お金はかけたくありませんでした。

できれば、以前の家で使っていて保管していたSPF材で間に合わせたいところ。

更に欲を言うと、なるべく設営が簡単でバラしてもコンパクトであることが希望。

そんな希望を持ちつつネット検索していたのですが、なかなか材木だけで2段ベッドを作成されている方がいらっしゃいませんでした。

あっても作り付け家具のような規模のもの。

全くアイディアもないまま、とりあえず保管していた材木を車に運んでみて調整して、何とか形になりました。

 

スポンサーリンク

作成したベッドの仕様

作成したベッドの材料は木材です。

びっくりすることに、昔の家で使用していた棚の材料でできてしまいました。

全部ホームセンターに普通にある材料でできるのと、とても簡単なので参考のためにシェアさせていただきます。

 

パーツ全部

SPF材 2本(1本はベニヤ落下防止のために、角材をボンドで貼り付けています。)

ラック支柱を繫ぎ合わせたもの 2セット

ベニヤ板の角を加工したもの

組み立て全体像

後部座席のポケットにラック支柱を立てて、それを柱として左右にSPF材を渡します。

ラック支柱の上部は窓ガラスに接地するので、ガラス保護のため100均の椅子脚カバーをかけています。

両サイドに立てたラック支柱の溝にSPF材をはめるだけなので、分解も簡単。

左右に渡したSPF材に、厚めのベニヤ板を渡す。これも前の家の棚板!

後ろの窓枠を支柱代わりに使うため、窓枠とピッタリ水平になる高さにSPF材を渡すのがポイント。

SPF材を渡したら、ベニヤ板をSPF材と後ろの窓枠に載せて設置完了。(ベニヤ板は左右少しカットして窓枠に合うようにしました。ガムテープで周りを保護しています。)

後ろの窓枠に頼っているのですが、三列目シートを上げておけばそれが支えになってトランクも開けられます。

 

この上に、使わなくなったベビー布団を敷けば、ぴったり。

 

転落防止に、いらなくなったカーテンを加工してマジックテープで開閉できるように布の柵を取り付けました。

材料費はあるものを使ったので、ほぼゼロ円です。

まだ息子が寝ていないので何とも言えませんが、とりあえずこのままこちらを使って、また改良が必要であればいじっていこうと思います!

うーん楽しみだ!

 

スポンサーリンク

使用後の感想

息子さん。寝相が悪いので、ラック支柱が手前に傾いてベニヤ板ごと落ちてしまわないか心配していました。

でも、寝返りを打とうが、ムクッと起き上がろうが、息子が上に乗っている重みで固定されるのか支柱も全くブレず。快適でした!!

 

▽合わせて読みたい

車中泊専用のRVパークについて書いています。

子連れ旅行におすすめ!RVパーク利用の車中泊!
今年のゴールデンウィークに、我が家は初めてRVパークという施設を利用しました。子連れ旅にはとても良い施設でおすすめなので、今回はRVパークでの車中泊に...

 

キャンプカーに憧れていた夫婦が、ミニバンキャンプでやっていくことにした経緯について綴っています。

キャンピングカーには憧れるけれど、我が家はミニバン車中泊派です。
キャンピングカーやキャンピングトレーラーに憧れていた我が家。 RVパークでの車中泊を機に、 「やはり我が家はミニバンを快適に改造してやって...