つぶやき

【ダッチオーブン】調理も手入れもラク!味も絶品な我が家の肉料理レシピ

義理の両親の実家に戻る時、庭が広いのでそこでちょっとしたメイン料理を作る機会があります。

家ではなかなか使いづらいダッチオーブン。我が家はここぞとばかりにこのタイミングで登場します。

これまで、パンやら煮込み料理やらいろいろ作ってきましたが、ダッチオーブンのパワーを最大限に発揮できるのは、やっぱり肉料理だと思っています。

そして我が家の肉料理レシピがオススメなので今回ご紹介させていただきます。

ダッチオーブンじゃなきゃならない理由。

ダッチオーブンレシピを眺めているといろいろな調理方法があります。パンも作ったことがありますし、煮込み料理も作ったことがあります。お米料理もあります。

でも、パンはやっぱりパン屋のパンが美味しくて。煮込み料理もおいしいけれど、圧力鍋と変わらなくて。お米料理もおいしいけれど、普通に土鍋でもできるレベル。

どれも結局ダッチオーブンじゃなきゃならない理由が見当たらないんです。

腕の問題もあるかもしれません。でも、炭を起こして手間をかけてまでやるほどか?と思うと、なかなかそうではないクオリティーの場合もある。雰囲気は出るけど、また作って食べたいかと問われると疑問なことが多かったんです。

結局、肉をシンプルに入れるのが1番。

そんな中、「やっぱりダッチオーブンは違うな~」といつも思うのが肉料理。肉を網に乗せて丸焼きする方法です。

我が家は毎回何を作ろうか一応考えます。でも、結局「やっぱり肉の丸焼きが一番おいしいよな~」といつものレシピに戻ります。

我が家のいつもの肉レシピ

いつものレシピはとっても簡単です。

  1. 鶏肉や豚肉の塊に、ニンニクの擦りおろしと、普通よりもちょっと多めの塩と粗挽きコショウを揉み込む。
  2. 鶏肉には乾燥バジルを。豚のブロックにはクミンシードをまぶす。
  3. ダッチオーブンで20分ー30分ほど加熱して出来上がり。

超簡単。スリーステップ。仕込みは5分でできます。

でも、これがめちゃくちゃ美味い。

特に豚肉のブロックは、びっくりするくらい柔らかく仕上がり感動ものです。ついでに玉ねぎやジャガイモなども丸ごと一緒に入れておくと、ホクホクの美味しい付け合わせもできます。

 

ダッチオーブンの手入れをラクにするために。

ダッチオーブン料理は雰囲気も出るし美味しいのですが難点も。

手入れがめんどくさい。

鉄製なので、油断するとすぐに錆びてしまうんですよね。

基本は洗剤は使わず、お湯とたわしでゴシゴシ洗う。汚れがきれいに取れたら終わりではなく、火にかけて乾かし、更に油を塗って錆びないように保管する必要がある。

もう書いてるだけでめんどくさい(笑)

我が家は少しでも手入れをラクにするために、お肉を置く網の下に特大アルミホイルを敷いています。

これによって、ダッチオーブンの手入れもラクラク。

  1. 調理が終わったら、アルミホイルごと網を取り出す。
  2. 網は洗剤で洗浄。
  3. ダッチオーブンには焦げや汚れはほとんどついていないので、軽く水拭き(蓋は油でベタつくことがあるので、念入りに拭きます)
  4. 乾かして、専用袋に入れて終了。

今のところ、錆びも出ず快適に使用できています。

煮込み料理などには使えない方法ですが、いつものお肉料理だと問題なくこの方法が取れるので、ダッチオーブン使用後のストレスもありません。

最後に

キャンプでの調理って、水場まで遠かったり、調理器具を洗うのが手間だったり、意外と面倒なことが多いんですよね。

そこに登場することが多いダッチオーブン。なるべく手間をかけずに。でも美味しい料理はいただきたい。

そんな方には、我が家の「いつもの肉レシピ」お勧めです。手入れが格段にラクになるので、下にはアルミを敷いてくださいね(水蒸気が逃げてしまうので、蓋までかからないようにするのがコツです)。

読みたい記事を探してね!