子どもとの生活

【切迫流産・早産】不安なら転院も考えるべき。妊娠中2回転院した私が思うこと。

私は第一子を29週の早産で出産していますが、出産までに病院を2回変わっています。

もし、何となく不安を抱えたまま今の病院に通っているのであれば、病院を変える選択も大切だと思います。お世話になっていると言い出しにくいですけどね。。

今回は、病院を変える選択について私が思うことを書いていきたいと思います。

ただ、私は医療従事者ではありませんので、あくまでも一個人が思う見解ということをご了承ください。

自分にとって何が大切か。病院選びの基準を明確にする。

妊娠する前は、それこそ無痛分娩ができる病院が良いと思っていました。

通える範囲で無痛分娩ができる病院を探したりしていました。

なるべく痛みが少なくて、ごはんも美味しくて、やさしい女医さんがいて、評判がよくて。。。

妊娠生活は順調なものだと思いこんでいた私の産院選びはそんな感じでした。

そんな私だったのですが、妊娠直後からの出血で一変。

この症状を正確にわかってくれて、ちゃんと無事に出産までしっかりサポートしてもらえる産院

これが私の病院選び基準になりました。

「無事に出産する」という一見当たり前で一番大切なことなのに、病院によって同じ症状でも見解が違ったり。

なかなか納得がいくような病院に出会えなかったんですよね。

妊娠中の状況判断はお医者さんでも難しい

妊娠直後の出血についての判断は、お医者さんによって様々でした。

最初の病院では「出血は初期にはよくあること」。

心配になって念のため受診した2つ目の病院では「出血は流産の兆候!絶対安静!」。

そして、私がずっと気になっていたおなかの張りであったり腹痛は、普通の妊婦さんにでも出てくることがある症状のようです。

出血があるか、子宮頚管の長さはどのくらいか。目に見えたり数値で測れる基準はそのくらいで、切迫流産や早産の判断は、ものすごく難しいのだと思います。

妊娠中は、早産になりやすい性病など基本的な検査は行います。

ただ、私の早産の原因となった絨毛膜羊膜炎のように体内の常在菌が悪さをしてしまうようなこともあり、実際は産んでみないと早産原因がわからなかったりすることもあります。(生んでからも原因がわからないこともあるようです。)

数値で測れない曖昧な情報からの判断も必要となり、妊娠中の状況把握はお医者さんでもとても難しいことなのだなと思いました。

最終的には自分がどう思うか。どうしたいかが大切。

お医者さんでも見解がそれぞれ違う。最終的には自分がどうしたいかで判断するしかないと思います。

最初の病院にそのままかかっていたら、恐らく息子は生まれていなかったんじゃないかと思っています。

ただ、産科医が不足している中で、ひとりに時間をかけることが厳しい状況なのもわかります。そして、ほとんどの女性が仕事を持っていることが多い。

曖昧な判断材料しかない中で、「安静にしてください。仕事は休んでください!」と先生から言うのもなかなか厳しいのではと思います。

私は、自分の体のしんどさや出血の状況から、休んだ方が良いように感じていました。そして1つ目の病院の流れ作業的な対応も気になっていました。

妊娠初期でも、少しでも流産の危険性があるならば、ちゃんと言ってもらえる病院に行こう。

そう考えて、実際に妊娠初期に切迫流産と診断されて、休むように言われたという方がいた病院をあえて探して転院しました。

切迫の場合は、早めに大きな総合病院への転院を検討することも一つ。

結局、新しい病院で切迫の診断を受け、お世話になりました。そして出産直前に総合病院へ搬送されそちらで出産しています。

ただ、今考えるともう少し早めに大きな病院へ転院しておいた方が良かったという思いがあります。

大きくな理由としては3つあります。

「切迫」に対する経験値の違いを感じた。

2番目の病院では、本当によくしていただいたのですが、やはり自分の出血の症状や、胎動が減ったように思うことを伝えても、はっきりした答えはなかなかもらえず。とにかくずっと「安静に」という指示でした。

今の自分の状況についてよくわからず、ひたすら同じ症状の人はいないかネット検索の日々。

すると同じような状況で入院している妊婦さんもいました。私の場合は個人病院だったためなのか、自宅での安静を言われるばかりでした。

結局、28週で子宮頚管長が14㎜になり別の病院へ搬送されました。そこはNICUが併設されていて、切迫妊婦がたくさん入院している大きな病院でした。

同じような症状の患者さんに慣れているのか、私のおりものの状況を見てすぐに「恐らく細菌感染。もしかしたら2日くらいで産まれてしまうかも」と若い女の先生に言われました。実際言われた通り翌日には出産になりましたし、細菌感染でした。

やはり、経験の違いを感じました。

細かい検査内容

長い間張り止めの薬「ウテメリン」を服用していたのですが、転院後の血液検査の結果、その薬が私には合っていなかったようで肝機能が低下していることも判明。違う薬を使用することになりました。

当たり前のように長期服用していた張り止めの薬で、自分の肝臓がそんなことになっているとは思いもしませんでした。

血液検査も妊娠初期のみだったので、個人病院だとそこまでの対策等は取られていないのかなと思いました。

早産に備えた対策を予めたてることができる。

搬送されてすぐに、胎児の肺の成長を促すステロイド注射をされました。

今生まれてしまうと赤ちゃんの肺の成長が未熟なため様々なリスクがあると。

ただ、その薬は打ってから48時間で最大の効き目になるらしく、何とかそれまでは出産は持たせたいというお医者さんの説明でした。

結局、48時間は持たず、何だったら24時間も持たず出産となりました。

細菌感染と予測されたおりものは1週間近く前から出ていたし、もう少し早くこちらの病院に転院していたら、早産で産まれてしまった場合の赤ちゃんへの対策も、もう少し万全にできたのではという想いがあります。

最後に

お世話になっている病院に「転院したい」と伝えるのはなかなか言いづらいところもあります。

ただ、明らかに体がしんどかったり、早産傾向があるように思う場合は、経験豊富な大きな病院へ早めに転院させてもらうのも大切だと思いました。

出産直後、「もう少し早く大きな病院に転院していれば、、」といった後悔がかなりありました。

早めに入院してもっと安静にできたかもしれない。
細菌感染の可能性ももう少し早く見つけてもらえたかもしれない。
胎児の肺の成長を早める薬を投与するなど、早産になった場合の対策ができたかもしれない。
張り止めの薬が合っていないことも早くわかったかもしれない。

考えても仕方がありませんが、そういった考えが何度もよぎりました。

自分が不安に思っていたり納得がいっていないのに、「言い出しにくい」という気持ちがあって、なかなか動けなかったな。。という反省もあります。

なんせ2回目の転院になるので、「妊婦のワガママと取られるんじゃないか」とか、そんなどうでもいい考えもありました。

出産した総合病院は普通の市立病院でお祝い膳とかありませんでしたけどね(笑)おやつはジョアとビスコだったし。

でも、ホテルのような産院が増えている世の中ですが、母子ともに少しでも安心して出産に臨めるような病院が、結局一番良い病院なのではと思います。

もし、切迫等疑いがありつつも何となく不安を抱えたまま今の病院に通っているのであれば、病院を変える選択も1つです。

私の経験がどなたかの参考になってくだされば幸いです。

RELATED POST