【切迫流産・早産】安静生活の過ごし方。切迫中やっていたこと、やっておいてよかったこと。

私は妊娠発覚直後から、出産するまでの6か月強。

切迫早産により、ずーーーーーーーっと寝たきり生活を送りました。

正確には途中2回仕事に復帰していますが、すぐにまた寝たきり生活へ。

トイレやごはん、シャワーなどは浴びていましたが、基本は横になっていないといけない。

本当にやることがなくて暇で暇でしんどいんですよね。毎日のごはんも大変ですし。

そんな私が安静生活中にやっていたこと。やっておいて良かったについて綴らせていただきます。

参考になるかはわかりませんが、必要としている方に届いてくれたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

普段の生活編

6ヶ月の間、普段の生活は何をしていたか?

大したことはしていません。

でも、こんなんで大丈夫なんだと思ってもらえたらと思うので、参考までに綴らせていただきます。

 

なるべく昼まで寝る。

少しでも1日が短く感じるように、なるべく昼まで寝て、変にいろいろ考えることがないようにしていました。

「昼まで寝る。」

まじめな人ほど、心の葛藤があると思います。

つい最近まで毎日仕事をしていたのに、急に毎日何もせずゴロゴロ。

窓から見える青空がなんだか切なくて。そして何もしないまま夕方の空気になり夜が来る。

私っていったい何をやってるんだ。。。と病んできます。

考える時間がたっぷりあるのと、ずっと家にいることでの閉そく感でマイナスにしか考えがいかないんですよね。

もうそれはしょうがない!誰でもきっとそうなります。

でも、切迫はママが動かないのが1番おなかの赤ちゃんにとって良いんです。

起きていると暇だしちょこちょこ本を読んだりテレビつけたり動いてしまう。。何より朝から起きていると1日が長い。

「寝てばかり」と自分を責める方がいるかもしれませんが、大丈夫です。私もずっと寝てました(^^)

「おなかの中で命を育てる仕事をしている」

そう思うことで自分が大切な役目を果たしているんだと言い聞かせていました。

ただでさえ、心が暗くなりがちな切迫生活。心の健康を保ちつつ安静にするためにも、昼までどんどん寝ちゃって良いと私は思います。

 

動画配信サイトの契約

安静にしながらできることは限られています。

本を読んだりテレビを見たり。ネットサーフィンをしたり。

私の場合、本を読んだりパソコンを触っていると、どうしても体制的に力が入るようで、お腹が張ってきて痛かったんです。

なので、テレビの利用が多かった。

でも、日本の昼間のテレビはワイドショーばかり。同じネタばかりで。毎日はやはりキツイ。

そんな時に、動画配信サイトのHuluを契約しました。

今だったら、ネットフリックスやAmazonTVなどいろいろありますよね。

いずれにせよ、動画配信サイトと契約して、見てみたかった連ドラを見たり、映画を見たりして少しでもマイナス思考になりがちな頭を切り替えるようにしていました。

大切なのは気持ちの切り替えと安静にしてなるべく動かないように時間を潰すこと。

Huluは切迫妊婦の強い味方でした。

 

ネットスーパーの利用

家で寝ているだけでも、お腹は減る。そして、家にある生活消耗品も減ってきます。

旦那さんに買い物を頼むにも、毎日仕事をしている中ですべての負担をお願いするのはなかなか難しい。

私の場合は、イトーヨーカドーのネットスーパーを頻繁に利用していました。

生協なども考えましたが、前もっての注文が必要。なるべくリアルタイムにその時必要なものを買いたいし食べたい。

そのくらいしか楽しみがない!

栄養面も気になりますが、とりあえず何かを食べないといけないと思っていたので、レトルトのご飯も含め、フルーツやおかしなどいろいろその日に食べたいものを注文していました。

買い物などに行けない中、ネットスーパーの商品を見て何を買うか考えることも良い気分転換になっていました。

そんなにバンバン利用して送料は大丈夫なのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

イトーヨーカドーネットスーパーは、子供がいる場合(妊娠中も可能)、予め申請をしておくと送料は100円で家の玄関まで持ってきてくれます。(申請から4年間有効)

今でもお米やペットボトルのお茶、トイレットペーパーなどのかさばるものを購入する際に利用しています。

あかちゃん本舗のものも購入できるため、おしりふきなどがなくなった場合でもその日に宅配してもらえるのでとても便利です。

 

スポンサーリンク

入院、出産への準備編

切迫妊婦の出産準備。動けないながらに、いろいろやっていました。

育児グッズについてリサーチ

初めての妊娠出産だったため、いろいろな方のブログを読んで、育児グッズのリサーチを徹底的に行っていました。

切迫生活中で、無事にわが子が生まれるのかも分からない状況でしたが、育児グッズについて考えている時間は、この先の赤ちゃんとの生活が想像できて、とてもわくわくしました。切迫生活で1番気分転換になった時間かもしれません。

ある程度リサーチが済んだら、いつ入院になっても良いように、出産時に必要そうなものはカートに入れておきました。

万が一出産準備の買い物に行けない場合でも、ポチっとすれば届くようにしておくことで安心感もありました。

 

出産イメージを膨らませておく

絶対安静中って、産婦人科で開催されているパパママ教室とかに参加できないんですよね。

なので普通であれば、出産の流れなどを勉強する機会なく、出産に臨むことになります(もしかすると、入院されている場合は参加できるような機会があるのかもしれません)。

とにかく、私の場合はパパママ教室等に全く参加できないまま出産になったんです。

でも、妊娠が発覚した頃、いろいろな方の出産体験談のブログや書籍を読んでいました。

いきみのがしとか、子宮口が全開になってから初めていきむことができるとか、波のように陣痛がくるとか、、初めての出産だったため全くそういった情報を知りませんでした。

でも何となく体験談を読んでいたので、出産イメージができていました。

これが結果とても助かった。

息子は出産時1200グラムちょっと。早産児の場合は帝王切開で出産するのが普通です。

ただ、私の場合は張りを耐えているうちに子宮口が全開になり通常分娩での出産でした。

でも、いきむタイミングだったり、会陰切開だったり、出産の流れが頭に入っていたので、落ち着いて臨むことができました。

会陰切開とか知らないまま「切りますね」とか言われたらビビりますよね。。

とにかく、切迫妊婦さんは、パパママ講習を受ける機会なく出産になることもあるかもしれません。

初産の場合は、パパママ教室に参加できなくても、ブログや書籍などで出産イメージを膨らませておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

番外編

その他、お伝えしておきたいことを番外編として綴ります。

安静中の食事

在宅で絶対安静生活をされている方の悩みの一つが食事だと思います。

栄養面も心配な妊娠中。

ずっとお弁当も心配になるし、旦那さんに毎食作ってもらうのも物理的になかなか厳しい。

私の場合は、朝はパン。お昼は簡単なレトルト系。

夜ご飯は、、、

実は作っていました。

新婚だったこともあるし、旦那さんへの申し訳なさや、寝たきりへの罪悪感もあり気分転換もかねて。

でも、お腹が張るし、やっぱりしんどかったです。

この方法が良かったのかはわかりません。

ただ、今であれば、当日朝5:00までの注文で調理済みおかずを届けてくれるヨシケイ
や、専属の栄養士が考えたメニューを合成保存料を使わず届けてくれるわんまいる
など、、栄養面も考えてそういったサービスももう少し賢く利用すると思います。

 

 

公園リサーチ

うちは都心から少し離れていて、大きな公園が近所にたくさんあるのです。

週末に旦那さんが車の助手席をリクライニングした状態で、そういった公園へドライブによく連れて行ってくれました。

公園の駐車場で私はリクライニングのまま待機、旦那さんは少し公園を散歩してくる。

「こどもが生まれたら、ここでこういう遊びができそうだよー」といろいろ情報を集めてくれて、気持ちが楽になりました。

実際その当時集めた公園情報は、今元気盛りの息子と遊ぶ際の公園選びに役立っています。

絶対安静中は、車に乗るのもできる限り止めるよう言われていました。でも、やはり外の空気を吸うのは、気分転換になります。なので、私の場合はたまに車で外出してしまっていました。

 

スポンサーリンク

一番やっておいて良かったこと

最後に切迫生活で一番やっておいて良かったこと。

今の週数が赤ちゃんにとってどのような状況か。
その週数で産まれてしまった場合にどのようなリスクがあるか。

上記2点を頭に入れて生活をしていました。

カレンダーに「肺が完成する時期」とか「目が完成する時期」とか、書いていました。

毎日つらい中でも、

「今は○○ができあがっているところ。頑張ろう」

「あと〇週したら、ある程度リスクが減る。それまでがんばろう」

そう思えました。

結局29週で産まれてしまった息子。

出生時に先生からこれから考えうるリスクについて怖い話をうけました。

その際もある程度落ち着いていられたのは、事前に今の週数であればこういったリスクがあるということが頭に入っていたからというところがありました。

「今自分ができることをやるしかない」

そう思うことができました。

やはり、出産予定日までの果てしない時間を目標とするよりも、一歩一歩、今の赤ちゃんの状況を把握しつつ、小さく期間を決めて目標を定められたのが、私にとっては支えになりました。

退屈でしんどい切迫妊婦生活でも「あと何日頑張ろう」

そこを迎えられたら「今度はあと何日がんばろう」と思えたのだと思います。

参考になるかはわかりませんが、もし延々と続く安静生活が嫌になってしまっているママさんがいらっしゃいましたら、赤ちゃんの状況も頭に入れながら生活することで、小さな励みや支えになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

最後に

切迫生活って本当にしんどいんですよね。。当時はそんなつもりはありませんでしたが、明らかに私は病んでました。

友達が心配してラインをくれても、「大丈夫だよ」としか返せないし、返すのも億劫になっていました。

仕事が特別好きというわけではなかったけれど、仕事に急に行けなくなると何をして良いかもわからなかった。

今であれば、ブログが私にはあって、もっと人に読んでもらえるように頑張りたいので、切迫になってももう少し有意義に病むことなく過ごせるんじゃないかなとは思っています。

そういった家でできることを何か1つ持っていたら、もう少し心が楽に安静生活を送れるのかもしれませんね。

ためになる記事かは微妙ですが、私の経験がどなたかの参考になれば幸いです。

 

▽合わせて読みたい

【切迫流産・早産】29週で出産するまでに見られた早産兆候
私には現在2歳になる息子がいます。 息子妊娠中は、妊娠発覚時から出血があり、まだ心拍も確認できていないうちから切迫流産、切迫早産で絶対安静となり...
【切迫流産・早産】不安なら転院も考えるべき。妊娠中2回転院した私が思うこと。
私は第一子を29週の早産で出産していますが、出産までに病院を2回変わっています。 もし、何となく不安を抱えたまま今の病院に通っているのであれば、...
【切迫流産・早産】入院費用の心配。医療保険は妊娠前に入っておくべき理由
切迫流産や切迫早産と診断された場合、長期入院となることがあります。 お腹の中の赤ちゃんのためとはいえ、入院が長期に渡ると入院費が気になりますよね...