「子供と明日何しよう」どんな気分で思いますか?

「子供と明日何しよう。」

どんな気持ちで思いますか?

私は、ええ。。

そらもう、遠い目で途方に暮れながら、日々何しよう。どうしようと考えております。

特に雨の日々だとなおさら。

ところが、先日他のママさんと会って思ったのは、同じママでも明日の捉え方が全く違うこと。

明日は平等なのに、私、全く有意義に過していない!!

こんな風に感じたのでした。

今日はそんなことについて、つらつら書いていきます。

 

スポンサーリンク

子育て主婦の「明日何しよう」

専業ママ同士での会話のテーマ。

基本は子育ての悩み、日々どうやり過ごしているか、そして少しの旦那のグチが多い(笑)

みんな何だか疲れていて、ママ会とはそんな普段のイライラを発散する場なのです。

 

みんな毒舌で、そんな場も私は大好きなんですけどね。。

 

そして、専業ママの「明日何しよう」は、お世辞にも希望に満ち溢れたものではない。

「明日もどうやって乗り切ろう。やり過ごそう。」

そんなニュアンスの方が多いんじゃないかな。

 

私も、毎日すごく悩みながら日々過しています。夏休みのママとかもきっとそうですよね

子供はとにかくエネルギーが凄くて。1日一緒にいると、、

まぁ疲れる。

それが365日。

そんなママに課せられるのは、なるべく省エネで子供との時間をやり過ごすこと。

すると、自ずとやる事は決まり、パターン化され、日々はマンネリ化。

子育てロボットのように無気力になります。

すると、冗談なしに記憶が曖昧になるんです。

 

あれ?今日、ウンチしたっけ?

 

おむつを変えた記憶はあるけれど、あれって今日だっけ?昨日?

変わらない毎日を過しているので、訳わからなくなる。

そんなことが日常茶飯事。

とにかく、気がつけば息子はもうすぐ3歳。

でも、1歳半あたりから日々の記憶があまりない。あっという間に3歳手前になりました。

まぁ、何となくやり過ごしてきた訳です。

 

スポンサーリンク

子育てが人生の中心だと、、

「子どもを育てているのだから。」

とりあえずまっとうな役割があるので、自分のそんな日々が無意味には思わない。世の母ちゃんはみんなこんなもんだろうと思う。

でも、最近鏡を見ると、

老けやした。。明らかに。

白髪も出てきたし、体力も減ってきたよ。疲れるのに、何をしていたか覚えていない日々。

毎日、適当にやり過ごしながら生きているからなのだと思います。

でもそんなことにも、

日々同じことをして、同じ人と触れ合っているとなかなか気が付きにくいんですよね。

 

スポンサーリンク

誰かのママとしてではなく自分が楽しく生きるために

さて、子どもが自分を必要としてくれている今はそれでもいい。

でも、あと数年して手が離れた時の自分を想像すると、

私、何もありません。

 

息子と2人の同じ生活が何年も続いていて、

更に息子が今日ウンチをしたかどうかも覚えていないくらい頭がおかしくなっており、、

全くもって社会復帰できる気がしない。

ゆるくは生きていきたいけれど、やっぱり自分の人生楽しく生きていきたい。

少しずつ変えていきたいな

そう漠然と思い始めておりました。

 

スポンサーリンク

1日を楽しく過ごすから始めたい

「変えていきたい」と思いつつ、何をしてよいかもわからず、ブログを立ち上げたりしてみたのですが、先日、友人に会った時に答えがあった。

 

都内のあるレジャー施設の情報を知った友人が(2人子持ち)、

「あ、すぐ行ってみよー♪」と軽く言ったのです。

 

え?何が凄いかわからない??

 

私からすると、めちゃくちゃフットワークが軽く思えたのです。

子連れで遠出するのは大変で、レジャー施設は旦那さんがお休みの日に、協力してもらいながら行くところという思い込みがあった。

でも、

平日に子供とディズニーランドに行っても良いんです。
日帰りで息子と2人海に行っても良いんです。

 

今日、明日をどう過ごすかは自分で選べる

 

友人は仕事もしているので、他にもやることがたくさん。更に最近は起業も考えている。

でも、明日に希望を持って日々生きているので、エネルギーに満ちあふれていました。

とにかく、楽しそうだったんですよね。

 

スポンサーリンク

最後に

楽しく日々過ごすと、エネルギーが溢れてくる。

私はそう思っています。

もちろん、食事や睡眠など基本ベースは大切だけれど、それだけだと、これまたしんどくなる。

そこに「楽しむ」エッセンスが入ってこそ、活力が湧いてくるのだと思います。

最近、なかなか疲れが取れず、横になることが多かったのですが、

こりゃ、別だな。毎日マンネリ化してるからだな。

と、気がついたのでした。

日々どう過ごすかは、自分で選べる。

そしてそれは専業ママの特権でもある。

特権全く使ってない!

子どもがいようが何だろうが、脱マンネリを意識して、今を楽しく、明日を楽しく意識してやっていきたいと思ったお話でした。