子どもとの生活

【切迫流産・早産】入院費用の心配。医療保険は妊娠前に入っておくべき理由

切迫流産や切迫早産と診断された場合、長期入院となることがあります。

お腹の中の赤ちゃんのためとはいえ、入院が長期に渡ると入院費が気になりますよね。

私は、結婚を機に医療保険に何となく入り直していました。

何も考えていなかったのですが、切迫早産になったことで助かったことが多かった。

そして改めて調べてみると、妊娠、出産をお考えであれば、医療保険は入っておいた方が良い。そして、妊娠前に入っておくべきだという考えに至っています。

今日は妊娠前に医療保険に入るべきだと考える理由について、書かせていただきます。

医療保険はいらないと思っていました。

みなさんは、何か大病しても医療保険に入っておけば安心♪なんて思っていませんか?

ゆる子
ゆる子
昔の私は思っていました。

でも、医療保険は基本、病気による入院や手術をしないとおりません。

つまり、大病しても医療保険が下りないことも多いんです。最近はガンでさえも、通院治療が多い。長期入院になることなんて、この年だとなかなかありません。

ゆる子
ゆる子
でも、万が一病気になっていろいろ治療したら、破産しちゃうんじゃない?仕事もできないし。

そう思われた方。

はい、これも昔の私です。

大丈夫なんです。

日本には「高度療養費制度」「傷病手当金」があります。

「高度療養費制度」とは

ざっくり言うと1か月に支払わなければならない医療費の上限が決まっていて、上限を超えた分は国が支払ってくれる制度です。

一般的な所得だと、上限は8万円強。どんなに医療費がかかっても、1ヶ月の支払いは8万程で済んでしまう。

入院時の差額ベッド代や食事代は別ですが、一般の病室にしてもらえば良い。普通に生活していても食事代はかかってきます。

そして、病気や怪我で仕事ができなくなっても、傷病手当金があります。

「傷病手当金」とは

病気やケガで仕事ができない場合に、原則として給与の約 2/3 が健康保険から支給されます。

つまり、

  • どんなに医療費がかかっても、月8万程の支払いで良い。
  • 仕事ができなくなっても、傷病手当金が支給され、給与の2/3はいただける。

このような状況の中で、入院や手術にならないと支給されない医療保険に年間2-3万も支払う必要はあるのか?

とりあえずある程度の貯蓄があるのであれば、医療保険はいらない

それが私の考えで、結婚するまで医療保険は入っていませんでした。

ただ、これは逆に言うと、長期入院や手術の可能性がある(高い)のであれば、医療保険に入っておいて損はないということなのです。

妊娠、出産は長期入院や手術の可能性がある

妊娠や出産は長期入院や手術の可能性がある状態ということも頭に入れておいた方が良いです。

実際、私は妊娠直後から絶対安静で、いつ長期入院になってもおかしくない状況でした。

ですが、結婚と同時に医療保険に再度入っていたため、何となく心持ちは安心でした。

ゆる子
ゆる子
何も考えず入り直したけれど、助かったー。。と思いましたよ。

妊娠も出産も、基本お金がかかるんです。

国から補助は出るけれど、私の住む地域は、毎回検診で3000-5000円は別途必要になります。出産費用も60-70万が平均。

そこに切迫で何ヶ月も入院になったら。。。

高度療養費制度で、毎月の医療費は8万円で抑えられるとはいえ、それが何ヶ月にもなると大きな負担になります。

ここに、私が医療保険を勧める理由があります。

切迫の場合の入院は、ほとんどが妊娠中の「病気」として判断されることが多く医療保険が適用となる可能性が高いのです。

またリスクがある場合は帝王切開で出産することがありますが、その場合も医療保険適応の「手術」に含まれることがほとんどです。

小さいお子さんがいる場合、自分が入院になって急遽保育園にお世話になることもあるかと思います。

そういった場合でも、入院日額いくらかの保証がある医療保険は、金銭的に心強いものとなります。

とにかく、妊娠や出産を控えている場合は、長期入院や手術になる可能も高い。その期間だけでも医療保険に入っておいて損はありません。

医療保険に入るなら妊娠前に!

妊娠したので医療保険に入っておこうと考えられる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、、

妊娠中に保険に加入した場合、今回の妊娠については保障されないことがほとんどです。

妊娠出産での入院や手術が心配で加入するのに、意味がないですよね。。

更に、妊娠での切迫や手術の経験があると、医療保険加入の際に条件が付けられてしまう可能性が高いです。

私は一度切迫で入院し、保険金をいただきました。

今後のことを考えてもう少し日額が大きいプランへの変更をしたいと保険屋さんへ相談をしたんですよね。

その場合、今の保険を解約して、新しく日額が大きいプランに入り直す形になると。

またその場合は病歴があるため審査が入り、加入できた場合でも、5年間の部位不担保という条件つきになるということでした。

特定部位の不担保というのは女性特有の子宮に原因する疾病に関しては給付金が出ないというものになります。

切迫流産、切迫早産だけでなく、帝王切開、子宮頸管無力症、早期破水、吸引分娩など、、

妊娠、出産のトラブルのほとんどを占める内容に対して保障がありません。しかも5年間も。

一度妊娠出産関連で入院や手術を受けてしまうと、そこから医療保険に加入するのはなかなか大変なんです。

保険に加入される場合は、是非とも妊娠前に加入されることを強くお勧めします。

※2019年3月追記 ほとんどの保険が前述した通りですが、コープ共済であれば妊娠中でも医療保険に加入できます。

妊娠中でも加入できる医療保険コープ共済。詳細や加入方法を聞いてきたよ私には切迫流産、早産経験があります。 妊娠を考えているのであれば、妊娠中のトラブルに備え医療保険は入っておくべきという考えです。 ...

「高度療養費制度」「傷病手当金」等、守られた制度はあるけれど、、

前述しましたように、日本の健康保険制度はかなり優秀で、破産してしまうような状況になることはありません。

仮に半年切迫で入院したとしても、50万弱の支払いで済んでしまう。

ある程度の貯蓄があれば、何とかなってしまいます。

ただ、長期入院や手術になる可能性もある妊娠。

何かあってもお金の心配なく治療に専念できるよう、妊娠、出産をお考えであればトラブル等もあることを念頭に置いて、医療保険は妊娠前に加入されることをお勧めします。

私の経験がどなたかの参考になれば幸いです。

妊娠中でも加入できる医療保険コープ共済。詳細や加入方法を聞いてきたよ私には切迫流産、早産経験があります。 妊娠を考えているのであれば、妊娠中のトラブルに備え医療保険は入っておくべきという考えです。 ...
RELATED POST