子連れ旅行

【小さい子どもとの予行演習に】庭でのキャンプが凄く快適だった話

今年のお盆休みにキャンプに行こうかと考えていました。

でも、やんちゃ坊主の息子を連れてのキャンプは、想像するだけで疲れることも多々で。。。結果、おじいちゃん宅で、お庭を使ったキャンプ「庭キャン」をしてみました。

これが、子連れには気楽で良かったのです。

今日は、初めてのキャンプデビュー前には庭キャンプをおすすめしたい話です。

庭キャンとは。

この言葉があるのかはわからないけれど、お庭でキャンプをすることを庭キャンと呼んでいます。とにかく、どこかのキャンプ場に出向くことなく、家の庭でキャンプする。

お庭でバーベキューしたり、庭で本格的にキャンプをするのも庭キャン。ほぼ家で過ごして、テントで寝るだけのゆるいものも、ぜーんぶ庭キャン

とりあえず庭で寝るのであれば、庭キャンです。

庭キャンのメリット

一言でキャンプと宿の良いとこ取りです。

家の前でキャンプするので、便利に快適にキャンプができます。庭キャンの大きなメリットは以下が考えられます。

いざとなれば、家で過ごすことができる。

言葉の通りです。通常のキャンプであれば、突然の雨や風に襲われたり、暑かったり寒かったりしても、あるもので対処するしかありません。

それがキャンプの醍醐味でもありますが、小さい子どもがいると、これがなかなか気を使うんですよね。我慢も難しい年頃でもあるし。

そんな時に避難できる家があるのは安心できます。

シャワーを浴びられる。

最近はキャンプサイトにシャワーが併設されていたり、近くの温泉施設で入浴することもできます。ただ、シーズンだと混んでいたり、オムツの外れていない子は駄目だったり、子どもを見ながら順番に入浴する必要があったり。子連れだといろいろ面倒なこともあります。

シャワーを浴びないのが本来のキャンプだとは思いますが、浴びられるならやはり浴びたい(笑)。

そういった面で、庭キャンであればお風呂問題が気楽に解決できます。

非日常を味わえる。

虫の声を聴きながら、自然の中で眠ることができます。大人もそうなのですが、外で寝るって、それだけでわくわくして楽しいんですよね。

家の便利さも享受しながら、非日常を感じられるのが庭キャンの良いところです。

サイト代がかからない。

キャンプというと、節約できそうなイメージがありますが、意外にサイト代がします。

関東近郊であれば、1泊3000~5000円は普通。2泊すると、外で寝てるだけなのに、1万円近い出費。

家族全員で宿に泊まるよりは安いですが、やはり無料で実行できる庭キャンに比べると、費用はかかります。

荷物が最低限で済む。

通常のキャンプであれば、外で1日過ごすため、いろいろなことを想定して荷物を準備する必要があります。子どもがいるとあれやこれや荷物も増えるんですよね。

その点、庭キャンであれば家が目の前にあるため、いざとなれば家の物を使える。最低限の荷物だけで済みます。

デメリット

もちろん通常のキャンプとは違うので、庭キャンプだと得られないことや心配なこともあります。

他のキャンパーとの交流がない。

キャンプの楽しいところは、近くでキャンプされている方との交流もあったりするんですよね。特に子どもがいると、子ども同士が遊んでくれたり楽しそう。

そういった、他のキャンパーさんとの交流がない点は寂しいかもしれません。

旅行という感じはない。

キャンプだと、お昼間に近くを観光したり、いつもと違う場所で過ごす楽しみがある。

庭キャンは、結局キャンプをするのは自宅だったりおじいちゃんおばあちゃんのお家だったりするので、新鮮味や旅行という感じはないかもしれません。

ご近所さんが近い場合は、迷惑になることもある。

周りに家がない田舎であれば、気楽に庭キャンを楽しめます。

ただ、住宅街での庭キャンは、臭いや騒音など、ご近所さんの理解も必要だったり、気を使うこともあるかもしれません。事前にお隣さんにはお伝えしたり許可を取っておいた方が、気分的に楽かもしれませんね。

実際、2歳児との庭キャンプはどうだったか?

今年のお盆に田舎のおじいちゃんの家で庭キャンプを決行しました。これが、実際庭で助かった。

暴れん坊の息子とのキャンプは、想定外なこともたくさんでした。

思わぬところでドロドロになってしまっても、すぐにシャワーが浴びられたし。晴れの予定だったのに夕立が来て、家に避難したり。夜、火を囲んでまったりするにも、じっとしていられなかったので家の中で游ぶこともできました。そして、テントで寝る時は大喜び。

親も「何かあったら家で過ごせば良い」というスタンスでいられるので、気持ちもラクなんですよね。

最後に

正直なところ、子どもが小さいうちは、庭キャンで十分かもと思いました。やはり子どもがいると、できることは限られてくるんですよね。何気に、子どもを見ながらのテントやタープの設営、火起こし、料理が大変だったりします。

でも大変でもやっぱりキャンプしたい。そんな場合は、庭キャンがぴったりです。

庭キャンでも、バーベキューをしたりお外で夜を越せば、ちょっとした非日常感でとても新鮮です。設備は最低限で済むので準備もラク。

事前に庭キャン体験しておくことで、子連れキャンプで起こりうるトラブルや、必要なものも分かるようになります。

初めてのキャンプデビュー前に、庭キャンプはどうでしょうか?おすすめです。

RELATED POST