絶対騙されないと思っていた私に詐欺電話がかかってきた。結果はいかに?

『オレオレ詐欺なんて、何で騙されるんやろう』

『詐欺再現ドラマも沢山見てるし私は絶対大丈夫』

はい。そう思っていました。

 

先日、そんな私のスマホに詐欺電話がかかってきまして。

そして私、

 

まんまと途中まで信じてしまいました。

 

敗因は、

いろいろなタイミングが重なって電話をうかつに折り返してしまったこと。

そして私の本名(結婚後の)を知っていたこと。

かなり動揺しました。

 

今日は、詐欺電話がかかってきた私が、信じてしまったポイントと、助かった理由について自分なりの考えを綴ります。

あのね、、

信じちゃいますよ。。

 

スポンサーリンク

見知らぬ電話番号からの電話は基本取りません

さて、スマホに見知らぬ電話番号から着信があった場合、

私は基本取りません。

そして、後からナンバーを検索し、心当たりがあるかどうかを確認します。

 

ただ、今回はタイミングが悪かった。

見知らぬ番号からの着信を見つけた時、

  • 旅行中で、ホテルをチェックアウトしたばかりだった。
  • レンタカーを返却した直後だった。
  • 新しい月極駐車場の契約書を送ったばかりだった。

 

「何か忘れ物したかな?」

「何か書類に不備があったかな?」

と、見知らぬ番号からかかってくる心当たりが沢山あったんです。

 

そして、なんの躊躇もなくすぐに電話を折り返しました。

1度目は誰も出ず。

電話を切ると速攻向こうからかかってきました。

スポンサーリンク

かけてきた電話相手に焦る

「もしもし。」

「私、警視庁捜査2課の小林と申します。〇〇〇〇さんのご携帯で宜しいでしょうか?」

 

警察から。しかも私の本名も知っている。

咄嗟に

家族に、何かあったのだろうか。。

と、覚悟を決めました。

 

私「はい」

男「〇〇さんに1つ確認させていただきたいことがあるのですが、今宜しいですか?」

私「はい」

(怖いよー。。)

 

男「タナカツカサという人物に心当たりはないでしょうか?」

私「ないですけど。。」

 

男「そうですか。本当に心当たりはありませんか?」

私「はい。。」

(怖いな。。弟が刺されたとかじゃないよね。。)

 

男「実はですね、先日緊急逮捕したタナカツカサの押収品にあなたの銀行口座が2つ含まれていたんです。何かお心当たりはありませんか?」

私「えー。ありません。。。」

 

男「そうですか。確かに〇〇〇〇さんの口座のようなのですが。」

私「ありません。えー、なんでだろう??」

(銀行口座って盗めるの??どの口座のこと??)

 

私「えー!えー!ほんとわかんないです。」

頭が追いついて行かず、「えー!」ばかり言っていたら、

男「ガチャ!」

電話が切れた。

 

電話が切れても詐欺電話とは私気づかず(笑)

隣のただ事ではなさそうだという表情の旦那に、内容を説明。

説明しているうちに、

あれ?これ、電話切られたってこと?

ということは、詐欺電話だったってこと?

と、説明しながらようやく詐欺電話だと気がついたのでした。

 

スポンサーリンク

調べてみるとよくある手口らしい

電話番号で検索してみても、特に何も記録はなし。

『タナカツカサ』と『警視庁 小林』のキーワードで見ると、おんなじのが出てきた!!!

最終的にどうなるのかはわからなかったけれど、進んでいくと、何人か別の登場人物も出てくるようで、別の人に事情聴取などもされるようだ。

とにかく、劇場形と呼ばれる詐欺方法らしいです。

 

スポンサーリンク

助かったポイント

相手から電話を切られなかったら、おそらく私はしばらく信じて話を聞いていたと思うんですよね。

ほんと自分でもチョロい。。。

 

電話を切ってもらえたポイントは、

「どの銀行口座ですか?」

「それってお金返ってくるんですか?」

そういった、銀行口座についての返答や質問をせず、会話を広げなかったことかな?と思っています。

単に頭の回転がついていかなかっただけですが。。

あとは、単純に

「コイツ金なさそうだな。。」と思われたか(笑)

 

まぁ、とにかくこちらから情報提供が何もなかったので切ってもらえたのかなと思っております。

 

スポンサーリンク

騙されちゃいますよ。。

詐欺電話なんてすぐ見破れると思っていましたが、

  • 警察
  • 本名知ってる
  • 確認したいことがある

この時点で、「何かあったのか?」と、話を聞く体勢は120%整います。

そうするとねー、

信じちゃいますね(笑)

騙される人って何なの?と思っていたけれど、ごめんなさいです。

 

 

スポンサーリンク

タナカツカサと警視庁の小林に注意です

詐欺電話って、家電にかかってくるもんだと思っていましたが、ケータイにもかかってくるんですね。

びっくりしました。

他人事ではありません。

とりあえず、「タナカツカサ」と「警視庁の小林」に注意してください。

しかし、自分の番号が本名付きで、どこかに漏れているというのはすごく気持ち悪いです。

しかも、私の場合旧姓ではなく、結婚後の名字。

そうなると、ここ数年の話。

アンケートとかも答えたことがないし、心当たりが全くない。

小さい子供もいるし、住所とかも漏れていたら怖いな。。

みなさまもお気をつけくださいね。