子どもとの生活

いつまで気になる?修正月齢とどのように付き合ってきたか。

早産で子どもが生まれると、

月齢修正月齢と。

2つの月齢で子どもの成長を見ていくことになります。

そしてこれがとてもややこしいのです。

でも、2歳を過ぎて、だいぶ修正月例が気にならなくなってきたように思います。

そこで今回は、未熟児ママには切っても切れない修正月齢問題と、どんな風に付き合ってきたかについて書いていきたいと思います。

 

修正月齢とは

修正月齢とは出産予定日から数えた月齢です。

通常、0歳のうちは生後何ヶ月かをベースに予防接種や子どもの成長具合を見ていきます。

ところが、早産で生まれた場合は、本来であれば生まれていないはずの時期に生まれてしまっています。

そのため成長や発達具合を正産期で生まれた子と同じように見ていくことができません。

そこで、実際の誕生日からの月齢と、出産予定日からの修正月齢という2つの月齢で子供の成長を見ていくことになります。

「こんな小さい子に予防接種なんか大丈夫なの!?」と思いましたが、予防接種は実際の月齢ベースなんですよね。

早産で1000グラムであろうが、生後2ヵ月になると受けます。

そして成長や発達は修正月齢で見ていくことになります。

 

どちらを採用するか。

予防接種や発達などを見る場合は、どちらを基準にするか決まっているから良いんです。

ややこしいのが、決まっていない場合です。

どちらを採用しようかをすごく迷います。

ママさんは必ず経験があると思うのですが、同じくらいの赤ちゃんを連れたママさんと居合わせると出てくる「今、何ヶ月ですか?」という話題。

これがややこしい。

最初の頃は早産であることを伝え、実際の月齢で答えていました。

ところが0歳だと明らかに大きさが違うのと「早産」というワードに、ママさんによってはどう反応して良いのかわからないこともあるみたいで、変な空気になることもあったんですよね。

わたしもとっさにうまいこと言えないタイプなのですごく気持ちがわかります。

ベテランママさんだと「あらーママも大変だったねぇ」と、うまいこと返してくださる方もいるのですが。。

そういうことが続いたため、あえて何も言わずシンプルに修正月齢で伝えるようにしました。

すると今度は、「同じ月です!何日生まれですか?」と、誕生日が近いかもという期待で聞いてきてくださるママが出てきました。

「ごめんなさい。。ホントは○ヶ月です。。」と伝えることになり

何だか嘘をついたような感じになることも。

私の場合はある時は修正で答えてみたり、ある時は生まれた時からの月齢で答えてみたり。ブレブレでした。

いろいろなところで適当に月齢を使い分けていたので、どこでどんな風に答えてきたかもあまり覚えていません。

NICU出身の子どもを持つママさんたちと同じテーマで話してみると、あるママは「超早口で早産なのでって説明しちゃう!」と言っていましたし、あるママは「めんどくさいから、予定日に生まれたってことにしちゃってる」と。

ただ、みんな口を揃えて「もう、ほんとややこしい!めんどくさい!!」と言っていました。

 

いつまで修正月齢が気になったか?

そんな感じでブレながらもやってきたのですが、大体1歳半を過ぎたくらいからは、生まれた日ベースで答えても自然に取ってもらえるようになりました。

みんな成長に違いが出てくる頃なので、ちょっと遅めな子という感じに。

そしてNICU仲間で集まっても、2歳半の今は「修正月齢めんどい」の話題はあまり出てこなくなりました。

なので、修正月齢が気になるのは2歳くらいまでかなという感じです。

また、NICU卒業後も定期的にフォローアップ健診で先生に診てもらっていますが、2歳までは修正月齢ベースで身長も体重もグラフをつけてくれていましたが、2歳を超えてからの発達曲線は、通常の月齢バージョンになりました。

なので修正月齢を卒業するのは2歳あたりなのかなと個人的には思います。

 

逆に都合よく使い分けている場合もある。

文句ばかりを言ってきましたが、都合よく使ってしまっている場合もあります。

私の場合は、2歳半から参加ができる子育て支援センターの体操教室に、修正では2歳3ヶ月だけれども、大丈夫か確認して参加させてもらったり。

あとは、息子は言葉の発達が遅いのですが、「予定日よりも3ヶ月近く早く生まれたので、発達もそれくらいの月齢が基準なんですー」と言い訳のように使ってみたり。(最近は修正月齢で見ても全然遅いのであまり意味ない。)

文句言いながらも使い分けてますね。

 

本当に修正月齢から卒業できるのはいつ?

息子の予定日は2月だったのですが、11月に生まれました。

ずっと2月に生まれると思っていたので、11月というのが未だにしっくりと来ないんですよね。

なので、2歳になった今でも年齢はすぐに答えられるけれど、何ヶ月かまで問われると、「ん?どっちだ??」とすぐに出てきません。

最近は息子の発達の遅れも気にしているので、発達は修正月齢で考えることが多いため、それもあるかもしれません。

0歳の頃に比べると、修正月齢を使う機会は減ったけれど、やはり完全には卒業していません。

本当に息子の誕生日がしっくりくるようになって修正月齢と完全にサヨナラできるのは、小学生あたりになるのかもしれないなぁと思います。

 

▽合わせて読みたい

未熟児ちゃんのその後。2歳半までの成長曲線新生児の赤ちゃんを見ると 「小さいなー。こんな時もあったんだなー。」と思います。 そんな現在ですが、息子が早産で10...
未熟児ちゃんは頭が長い?早産で生まれた息子の頭の形について早産で息子が生まれて2年半。 生まれたばかりの頃は、「元気に大きくなってくれれば良い」と思っていました。 いろいろな管がつい...
子どもが発達障害かもと思った時。我が家のケース。もうすぐ3歳になる息子ちゃん。 2歳半の頃から、発達に少し心配がある子が通う区の親子教室に通っています。 療育園から専門の先...
子どもをかわいいと思えなかった私が息子ラブになるまでのステップ。「母親は子どもを産むと無条件に愛情が湧き出る。」 そういうようなことを聞いていました。とにかく、母親は産んだら母親だから子供を愛せ...
RELATED POST