小さな子連れで飛行機|意外と知られていないスムーズに搭乗手続きを済ませる方法

主要空港から小さい子連れで出発する場合。

JALやANAには優先カウンターがあり、そこを利用して搭乗手続きや手荷物預けが可能なことをご存知でしょうか?

 

先日、羽田空港を利用しましたが、手荷物預けカウンターには長蛇の列が。

小さいお子さん連れの方もいらっしゃいました。

 

『満3歳未満の子連れであれば、JALスマイルサポートやANAスカイアシストが利用できるのにな』

『意外と知られていないのかもしれない』

 

そう感じましたので、今回は羽田空港から小さな子連れで出発する場合のスムーズな搭乗手続き方法について書かせていただきます。

 

スポンサーリンク

小さい子連れであれば、サポートカウンターを利用できる。

羽田空港から飛行機で移動する場合、各航空会社に車椅子だったり、何かしらのサポートが必要な方専用の搭乗手続きカウンターが設けられています。

こちらのカウンター、実は小さな子連れファミリーも利用可能なのです。

JALの場合は小さな子連れや妊婦さんも利用可能と明記されています。

ANAは「お手伝いが必要なお客様」としか明記がされていません。

ただ、ANAのグランドスタッフさんから

「小さなお子様連れでしたら、こちらのカウンターへどうぞ」

と案内され、こういったカウンターの存在を知りました。

それからずっと問題なく利用しているので、ケースバイケースはあるかもしれませんが、利用可能だと認識しています。

 

※利用したことがあるのは、ANAとJALのみです。その他LCCなどの航空会社で扱いがあるかは、各航空会社ホームページでご確認ください。

 

JALスマイルサポート

羽田空港のJALのサポートカウンターについてご紹介していきます。

 

※羽田空港国内線ターミナルサイトより

JALのサポートカウンターは、羽田空港では、20番と70番カウンター2ヶ所で手続き可能です。

番号札を取って順番を待ちます。

先程も記載しましたが、JALカウンターは「ベビー連れ」「妊娠中」も利用可能と明記されています。

こちらで、搭乗手続きからベビーカーや荷物預けまで全ての手続きを完了させることができます。

また、こちらでベビーカートを借りてそのまま搭乗口で乗り捨ても可能なので、ベビーカーを預けた後も助かります。

 

ANAスカイアシスト

羽田空港のANAスカイアシストのカウンターについて解説していきます。

 

ANAスカイアシストカウンターは下図の9番カウンターと40番カウンターにあります。

※羽田空港国内線ターミナルサイトより

こちらは、JALカウンターとは違い番号札等はありません。

カウンター前の椅子で順番を待ちます。

ANAの場合は、「お手伝いが必要なお客様」としか記載されておらず、小さな子連れや妊娠中の方など具体的な明記はなし。

ただ、ANAのグランドスタッフからこちらを案内されたことがあるのと、小さな子連れの方が並んでいたり、私も毎回普通に利用しています。

ケースバイケースで優先順位はあるかもしれませんが、小さな子連れでも利用可能です。

JAL同様、ベビーカートを借りて搭乗口で乗り捨て可能です。

また、記憶があいまいなのですが、40番カウンターでは、搭乗手続き、荷物預け以外に、そのままここから保安検査に直通できた気がします。

また、確認取れましたら明記させていただきます。

 

スポンサーリンク

小さな子連れとは?何歳まで利用可能??

「小さな子連れであれば利用できる」と記載してきました。

具体的に何歳まで利用できるのか?

JALスマイルサポートのページに明記されていました。

 

3歳未満(生後8日以上)のお子様をお連れのお客様が対象です。

JALスマイルサポートより

国内線が無料で乗れる3歳未満が、ベビーとして扱われるようですね。

また、ANAには明記されていませんが、恐らくJAL同様「3歳未満」が小さなお子様連れということになると思います。

 

スポンサーリンク

羽田空港以外でも利用可能です

羽田空港での利用方法について書いてきましたが、JALスマイルサポートやANAスカイアシストカウンターは、成田空港など他の空港にも設置されています。

ご利用の空港を事前に調べられるか、現地でグランドスタッフに尋ねられるのも1つです。

 

残念ながら我が家がよく利用する那覇空港にはないんですよね。

 

毎回、手荷物預けカウンターに長蛇の列があり、暴れん坊2歳児を連れて待つのが大変で。

サポートカウンターのありがたみを感じます。

 

スポンサーリンク

さいごに

小さな子連れであれば利用できる、JALスマイルサポートとANAスカイアシストについてお話させていただきました。

小さな子連れであれば利用できるという認識だったのですが、今回の記事を書くにあたり調べてみたところ、

一応何らかのサポートをお願いする場合が基本のようです。

毎回我が家は、前に誰もいない座席はないかを確認して、空きがあれば変更をお願いしたりしているので、それが「サポートを依頼している」となるのかもしれません。

ただ、普通にそのまま搭乗手続きのみを依頼しているファミリーもいらっしゃるので、そのあたりはあいまいなのだと思います。

とにかく、ほとんど並ぶことなくスムーズに搭乗手続きできるサービスは、落ち着きがない子連れにはすごく助かります。

息子はもうじき3歳になるので、利用できなくなっちゃいます。

それが悲しい。。

小さなお子様をお持ちの方は、ぜひ利用してみてください。