恩納村近くでリーズナブルに食事したい。車で10分。石川インター付近が熱い

『今日の夕食どうする?』

『毎回ホテルでディナーはちょっとしんどい。』

 

沖縄のリゾートホテルが並ぶ恩納村。

こちらに滞在する場合、悩みどころが夕食かと思います。

短期滞在ならホテルディナーも良いですが、3泊以上になるとちょっとしんどい。

何より高いですしね〜

 

恩納村のホテル外で食事する場合、以下の場所を勧められることが多いかと思います。

  • 58号線の居酒屋街
  • 道の駅「おんなの駅」
  • シーサイドドライブイン

ただ子連れには毎回居酒屋は厳しい。観光客価格で高めだし、駐車場もあったりなかったり。

そして道の駅は17時くらいから売切れ続出。18時には閉店。

時間が早いのです。

シーサイドドライブインは良いけれど毎回は辛い。

 

6日間滞在の我が家は毎回夕食に悩みまして。

そして発見したのが、恩納村から車で10分。石川インター付近。

リーズナブルな地元の沖縄料理屋が多く、また、スーパーやココイチなどもあり。

庶民には嬉しい場所でした。

今日はそんな我が家にとって激アツな石川インター付近について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

スーパーサンエーの道沿い

石川インター付近と言っていますが、インター出てすぐでありません。

少し行ったスーパーサンエー石川ショッピングタウンがある道沿い。

下地図の赤丸あたり。

このあたりは、スーパーサンエーもあり、続いてホームセンター・タバタという、ホームセンターと道の駅が合体したようなところがあり、更に奥には食堂が並んでいるテナントがあります。

 

ここの何か素晴らしいかと言うと、

  • 駐車場が広い
  • 大きな道1本で恩納村から来れる(車で5~10分)
  • 石川インターすぐなので、気楽に寄って帰れる立地
  • リーズナブルな価格帯

 

恩納村あたりのコンビニや居酒屋って、駐車場がとにかくギチギチなのです。

慣れないレンタカーなので、このあたりの広い駐車場は嬉しい。

沖縄の夜の道は暗いので、大きな道1本で5分〜10分でホテルからアクセスできる立地も嬉しい。

最寄りの石川インター出口からすぐなので、高速に乗って南部を観光してから戻ってそのまま立ち寄れるのも助かる。

もちろん、地元の方が利用する場所なので、恩納村と比べていろいろリーズナブル。

とにかく、とりあえずこのあたりに寄れば、食料調達に困りません。

 

スーパーサンエーでお弁当を買う場合

スーパーサンエーのお弁当は、あまり沖縄らしさはありません。

ハンバーグ弁当だったりお寿司、唐揚げだったり本土とあまり変わらない。

中には、タコライスだったり、ジューシーおにぎり、油味噌おにぎりなどもありますが、沖縄らしいお弁当の種類はあまりないかもしれません。

でも、まぁホテルの朝食とかで十分沖縄料理を食べてると思うので、そろそろ他の食事でも良いかと。

また、ここの南蛮漬けはめちゃくちゃ美味い。

シークワーサー果汁を使っていて、お惣菜人気投票グランプリも受賞したそうです。

あまりの美味しさに、食べかけ写真ですみません。。。

 

ホームセンタータバタのお惣菜類は夕方には売切れ

ホームセンタータバタ内に、道の駅的機能があるスペースがあり、そこに手作りのテビチやチキンなどのお惣菜が販売されています。

ただ、夕方に行くと軒並み売切れなことが多いので、あまり夕食調達には向かないかと思います。

 

テイクアウトコーナーや食堂

ホームセンタータバタに隣接しているのが、テイクアウトコーナーや食堂。

ピザやタコス、タコライスなどがテイクアウト可能。

そして食堂「石川の駅」

地元の人で賑わっていました。

英語メニューもあり、旅行者にも優しいですね。

価格帯も600~800円代が中心でめちゃくちゃやすーい!

ホテルでディナーしたら1人5000円はしますからね。助かる助かる。

 

余談1 お土産調達にもおすすめ

このあたりはお土産調達にもおすすめです。

スーパーサンエー、ホームセンタータバタ共に、沖縄の物を集めたコーナーがあります。

お値段はお土産屋さんよりも少し安いかな?くらい。

また、ホームセンタータバタは、道の駅機能もあり、美味しそうな手作りジャムなども置いてありました。

かわいいしおみやげにもおすすめです。

 

余談2 離乳食などベビー用品も一通りあり

スーパーサンエーには、離乳食などベビー用品も一通り置いてあります。

わざわざ全日程分を持ち込まずとも、那覇空港から石川インターで下りて、こちらで現地調達してからホテルに向かうことも可能です。

※ごめんなさい。オムツの有無確認を忘れていました。サンエーになくても、おそらくホームセンタータバタには置いてあるかと思います。

 

スポンサーリンク

近くにはココイチや地元食堂も多数

この大通り沿いには、ココイチや地元の沖縄食堂も多数あります。

沖縄でココイチ!?と思いますが、6日も滞在していると、違うものが食べたくなる。

テイクアウトも可能なので、ホテルで食べることもできる。子育て世代にはテイクアウトできるお店は助かります。

また、グーグルマップで検索した限りですが、このあたりには駐車場もあって20~21時くらいまで営業している沖縄料理の食堂が多数。

まだ伺ったことはありませんが、少しずつ、この辺りを開拓していきたいです。

 

スポンサーリンク

最後に

リゾートホテルは基本的に、ホテル内ですべてがまかなえます。

ただ、我が家は3日以上滞在することが多く、リゾートホテルで毎回食事すると、ものすごい金額に。

更に暴れん坊2歳児と一緒なので、夕食に困ることが多かったのです。

3回目の沖縄訪問にして、やっと自分たちなりの夕食調達方法が完成してきました。

小さいお子さんをお持ちの方は、きっと同じような悩みをお持ちかと思い、今回記事にさせていただきました。

どなたかの参考に少しでもなれば幸いです。