【曇りの沖縄の過ごし方】家族全員が笑顔に。ビーチコーミングがおすすめな話

『せっかく家族で沖縄に来たのに曇りばかり。。』

こういう時、意外と子供は元気なのですが、曇り空の沖縄にイマイチな海の色。

 

大人は悲しくなりますよね。。

 

そんなドヨンとした空気から、子供も笑顔、大人も夢中になる!!

曇りの沖縄に最適な遊びがビーチコーミングです。

偉そうに語っている私ですが、案の条どんより曇り続きの沖縄に夫婦で落ち込み。。

なんとなく散歩がてら始めたのがビーチコーミングでした。

集中力が続かない息子も、ずっと笑顔で夢中に。そして大人もすごく楽しかった!

今日はそんなビーチコーミングの魅力と最適な沖縄のビーチについて綴ります。

 

スポンサーリンク

ビーチコーミングとは

格好良い表現なので使ってみたくなりましたが、ビーチコーミングとは1言で言えば宝探しです。

貝殻やサンゴ等、海岸などに打ち上げられた漂着物を拾い集めたり、観察したり、 更には加工して楽しむことを言います。

元々の意味は売り物になる漂着物を拾い集めることだったようです。

最近は、シーグラスを拾い集めて商売にしている人もいるので、まさにそれはビーチコーミングですよね。

 

スポンサーリンク

ビーチコーミングの魅力と曇りにおすすめする理由

ビーチコーミングの魅力はズバリ!

誰もが楽しめること!

そして曇りくらいがちょうど良いのです。

小さな子連れでも、全員で楽しめる

曇りの沖縄で何をするか。

美ら海水族館に行っても良いし、紅型染めなど体験をしてもいい。

でも、2歳くらいの小さい子連れだと、意外と水族館もすぐに飽きてしまったり、参加できるアクティビティも少なかったり。

海で泳ぐにも、曇り空だと寒かったり。

何より、大人が楽しいことは子供が楽しくなかったり、子供が楽しいことは大人がずっと続けるには苦痛だったり。

2歳児くらいの小さい子供と一緒に楽しめることって少なかったりします。

ビーチコーミングは、そんな小さい子連れ家族も全員で楽しめる!

うちの2歳息子も、ずっとテンションマックスで『かい!かい!』と様々な貝殻を集めていました。

親も、キレイなサンゴや金目になりそうな(笑)シーグラスを探したり。とにかく夢中。

家族みんなが楽しめる。

それが1番のオススメ理由です。

 

曇りでも嬉しい

ビーチコーミング。だんだん夢中になってくるとかなり集中します。

曇りの沖縄の悲しい所は、イマイチな海の色なんですよね。

でも、宝探しに集中するうちに、どんよりカラーの海は気にならなくなります。

何より、日焼けの心配もない。

曇りの日に最適な遊びなのです。

 

スポンサーリンク

シーグラスもサンゴも貝殻も。沖縄のおすすめビーチ

今回は沖縄のリゾートホテルがある、恩納村に滞在していました。

恩納村のビーチは、ホテル隣接な所が多く、きちんと掃除や整備されているキレイな砂浜が多いのです。

そんな恩納村で、ものすごい量の貝殻やサンゴなどの漂着物が集まっているのが、

マリブビーチ

ルネッサンスリゾートの外側にあります。

漂着物の宝庫

正直、マリブビーチは、海水浴には微妙なビーチかと思います。

駐車場は無料ですが、取り立てて特筆すべき点もなく、沖縄にはもっと良いビーチが沢山あります。

ただ、ビーチコーミングには最適。

漂着物の宝庫です。

場所によって見つかるものが全然違う楽しみ

ルネッサンスリゾート側は、粗い大きさのサンゴや貝殻が集まり、ルネッサンスから離れるにつれて、少しずつ目が細かくなってきます。

キレイな貝殻やサンゴを見つけたければ、ルネッサンス側を散策。

シーグラスなど、角が丸くなったものをみつけたければ、ルネッサンスより離れた場所を散策すればキレイなシーグラスが沢山見つかります。

場所によって、海岸の様子が全然違い、漂着物の種類も異なります。

それがまたとても楽しいのです。

 

臭くない。キレイ

こういう貝殻やサンゴが溜まっている場所って、独特の磯ぽい香りがして臭いことが多いのです。

マリブビーチは無臭。キレイです。

それもオススメポイント。

 

スポンサーリンク

さいごに

あいにくのお天気でも、家族みんなが楽しめる過ごし方として、ビーチコーミングをおすすめさせていただきました。

結局曇りだろうが、雨だろうが楽しむしかないんですよね。

そうはわかっていても、どんより天気に『何で??』と思ってしまう。

私も今回の沖縄旅行でなかなか抜け出せずにいたのですが、ビーチコーミングから気持ちが変わりました。

あいにくのお天気に気持ちがどんよりなっているパパ・ママさん。

お子さんと一緒にビーチコーミングはいかがでしょうか?

めちゃくちゃ笑顔になりますよ。