【るるぶ】や【まっぷる】が少し苦手なあなたに。おすすめ沖縄ガイドブック

『るるぶやまっぷる以外でいい感じのガイドブックはないかしら?』

『子どもがいて、なかなか本屋さんでじっくり吟味できないのよね。』

そんな方いませんか?

 

私は「るるぶ」や「まっぷる」がテンション高くてちょっと苦手なんです。

 

だからといって、子連れファミリーなので、【ことりっぷ】みたいな女子向けガイドブックはちょっと違う。

ざっくり全体は把握したい。

そんなあなたにおすすめなガイドブックが【&TRAVEL】です。

写真もきれいだし、落ち着いているし、情報量も多いし、ファミリーにもおすすめ。

私は、沖縄版を愛読しているのですが、1番満足度が高いガイドブックです。

 

スポンサーリンク

るるぶやマップル以外のおすすめガイドブック&TRAVEL

朝日新聞出版から出ている【&TRAVEL】

るるぶやまっぷると同じ、写真が多くて全体を把握するのにぴったりなガイドブックです。

構成も似ています。

最初に取り外し可能な無料マップが付いていたり。

効率的な回り方や、地域ごとのおすすめ観光スポットなど。

全体を把握できるので、これ1冊で安心しておまかせできる感じがします。

まっぷると同じく、大きいサイズと持ち運びに便利な小さくなったサイズがあります。

残念ながら、全国を網羅している訳ではなく、2018年時点で国内は、沖縄、北海道、京都、東京、大阪。海外は、ハワイ、ソウル、台湾。

こちらの地域版のみの展開です。

 

スポンサーリンク

お気に入り理由

【&TRAVEL】のお気に入り理由。

1言でいうと、落ち着いていてセンスが良く、バランスの良いガイドブックだから。

必要な情報ときれいな写真のバランスがいい

必要な情報と、オシャレな写真のバランスがちょうど良い。

オシャレフォトがありながら、必要な情報はちゃんと網羅されています。

基本的に、るるぶやまっぷる以外のガイドブックって、

  • ハンディーなガイドブックは、文字からの情報が多くて、イメージが湧きにくい。
  • 写真がきれいなものは、写真が多くて情報が少ない。

そんな感じが多いと思うのです。

【&TRAVEL】の場合、

これ1冊で、綺麗な写真も情報も十分得ることができて、バランスがとても良いことがお気に入りの1つです。

 

色味が優しい

私がるるぶやマップルの苦手な1つに、全体が派手な点があるんですよね。

大きなフォントや原色使いが多い。目に入る情報が多すぎて、どこを見たら良いかわからなくなる。

こちらのガイドブックは色味が優しく、何だかホッとするのです。

 

広告が少ない

特に沖縄がそうなのですが、るるぶやマップルの沖縄はめちゃくちゃ分厚い。ただ、広告もすごく多い。

&TRAVELも広告はありますが、断然少ない。

おすすめの場所なのか、広告なのかがはっきりしている。

ごちゃごちゃになって、わからなくなることもありません。

 

イメージが湧いて行きたい!楽しみ!!になる。

これが最大の理由。

【&TRAVEL】は、きれいな写真が沢山載っていて、かつ必要な情報もすぐ近くに載っているので、イメージが湧きやすい。

 

何より、魅力的な写真を見ているだけで旅行が楽しみになります。

また、地域ごとの観光情報もあれば、フォトジェニックスポットなど、テーマごとにまとまったページもあり、見ていて楽しいのです。

 

スポンサーリンク

子連れ旅にもおすすめ

子連れ専用のガイドブックって出ていますよね。

でも、やっぱり情報量は少ないし中途半端なのが本音。

結局、観光地に行った場合は、子供施設を回るというよりは、やはり子供と一緒に大人も楽しみたい。

それであれば、やはり全体をバランスよく網羅しているガイドブックの方が、使い勝手が良いというのが私の結論です。

沖縄版しか持っていませんが、柵がない崖などには、「柵がないので気をつけてください」等の表記もありますし、全体を把握したい子連れファミリーにもおすすめできます。

 

スポンサーリンク

まとめ

どこかに旅行に行く場合、手に取りやすいのが、るるぶかまっぷるかと思います。

 

ただ、ガチャガチャした感じがあまり好みではないのです。。。

 

  • 写真が多くて、場所のイメージがしやすい。
  • どこに行くべきかとりあえず把握できる。
  • 地図が付いている

そんな、るるぶ系ガイドブックで、もうちょい落ち着いたのないかなーと探していて見つけたのが【&TRAVEL】です。

地域や国が限定されているので、まだまだ「るるぶ」や「まっぷる」の2大勢力にはかないませんが、頑張ってほしいなと思っているガイドブックです。

もし、対象の地域へ旅行を計画されている方がいましたら、ぜひお手に取ってみてください。