子どもとどこ行く?

赤ちゃんと旅行はいつから?生後3ヶ月から旅行した私がハイハイ前をすすめる理由

子供が生まれて、赤ちゃんとの生活にも慣れてきた頃。

「初めての旅行はいつ行こう?」なんて思っているママさんもいらっしゃるかもしれません。

生まれて間もない赤ちゃんを連れての旅行は少し気がひけるところはあるかもしれませんが、私はハイハイ前の旅行をお勧めします。

グアムも沖縄も北海道も行ったよ。我が家の旅記録

我が家は、旦那さんが育児休暇を取っていたこともあり、長男が3ヶ月頃(修正月齢)から、国内、海外含め頻繁に旅行に行きました。

  • 長男6ヶ月(修正3ヶ月)奄美大島(飛行機)
  • 長男8ヶ月(修正5ヶ月)北海道(フェリー)
  • 長男9ヶ月 (修正6ヶ月)東京→大阪→四国一周(車)
  • 長男10ヶ月(修正7ヶ月)グアム(飛行機)

——–息子ハイハイ始まる———-

  • 長男1歳1ヶ月(修正10ヶ月)静岡(車)
  • 長男1歳半 (修正1歳3ヶ月)グアム(飛行機)
  • 長男2歳 (修正1歳9ヶ月)クルーズ旅行(沖縄、石垣、台湾)
  • 長男2歳5ヶ月 (修正2歳2ヶ月)沖縄(飛行機)

見ていただけるとわかると思うのですが、ハイハイが始まるまではほぼ1、2ヵ月に1度ペースだった旅行が、ハイハイ以降は半年置きに。

ゆる子
ゆる子
一気に旅行頻度が減りました。

ハイハイ以降、一気に旅行が困難に。

ターニングポイントはハイハイ以降。旅先を考えるのに苦労するようになりました。

旅行の計画を立てようにも、動き回る息子と一緒だと考えるとしんどいものがあり。楽しいだけではなくなりました。

ゆる子
ゆる子
息子が寝ているだけの期間が一番旅行がしやすかったです。

ハイハイが始まると何が変わるのか。

ハイハイが始まると、気にしなければならないことが一気に広がります。

  • 土足の場所もハイハイ。
  • いろいろなところをなめなめ。
  • 備え付けてある電話で遊ぶ。
  • 障子に穴をあけそうになる。
  • コンセントをなめたり触ったり。

自分の家の中であれば、ある程度危険なものは把握できているし、手の届かないところに置いてあったりするので安心です。

ゆる子
ゆる子
お宿の場合、全体像を把握できていないためなかなか気が休まりませんでした。

畳の部屋であればとりあえず安心なんてことはない。

「畳の部屋なら安心♪」なんて思っていましたが、畳のお部屋にも、フロントへの電話機、ポット、湯飲み、障子、ゴミ箱、テレビ、カバーされていないコンセント、よくわからない置物など。

子どもが動き出すまでは、全然気にならなかったものが、一気に触ってほしくないものになります。

結局、我が家は重たい折り畳みのベビーベッドを持参していました。

やはり目を離しても大丈夫な場所を一つ作るだけでホッとします。

畳のお部屋の場合、ベビーベッドの貸し出しは難しいかもしれませんが、リクエストしてみるのも一つです。

または、こういった軽量の折り畳みプレイヤードが1つあると安心です。

ゆる子
ゆる子
うちの息子は、好奇心旺盛でいろいろなものをすぐにいじってしまうため、ハラハラでした。

さらに活発になってきた2歳現在。

更に活発に走り回るようになった2歳現在は、旅行中でも朝荷物をまとめて出発するだけで、なかなか事がスムーズに進まず「あー。。疲れた。。。」となります。

やっとの思いで旅先の観光スポットに出かけても、入場から一気に走ってしまい出口まで。

旅を楽しむ前に、予定していた旅程をこなすのに精いっぱいなことがほとんどです。

恐らく、いろいろ理解できるようになる4才くらいまで続くのではと思っています。そして下の子が生まれたりしたら、こういった期間は更に続くと思われます。

そんな理由から、やはりハイハイ前に旅行しておくことをお勧めします。

赤ちゃんとの旅行で気をつけていたこと。

ハイハイ前の旅行をおすすめはしていますが、やはり不安なこともあります。

一番が病気です。余裕を持った行動ができるように、できる限り万全に整えていきました。

良さそうな小児科や夜間救急を調べておく

旅先の評判の良さそうな小児科を事前に調べておいたり、夜間救急センターの電話番号をメモしていざという時に即対応できるようにしていました。

なお、国内の夜間救急病院は、各市町村のホームページ等で簡単に見つけることができます。

海外旅行保険の医療費保証を手厚いものに。

海外の場合は、日本語でも対応してもらえる病院の場所を事前に調べておいたり、病気などで病院にかかっても必要な限りの医療が受けられるように、必要な保障だけ選べる保険に息子だけ加入させて医療費保障だけを手厚くしていました(子どもに死亡保険等はいらないので)。

必要な保障のみ選ぶことができる海外旅行保険は、損保ジャパン 新・海外旅行保険【off!(オフ)】を利用しています。

子どもの荷物は基本持参する

なるべく子どもの荷物については現地調達は考えず、荷物が大きくなっても持参して余裕をもって行動できるようにしていました。

車での旅行の場合は、折り畳みのベビーベッドまで持参していました。

最後に

息子が生まれて今まで考えてみると、ミルクだけ飲んで寝ているばかりだったあの頃は、何てラクだったんだろうと思います。

ゆる子
ゆる子
当時は必死でめちゃくちゃ大変だったので、全然余裕なんてなかったんですけどね♪

赤ちゃん連れでの旅行は心配なこともあるかもしれませんが、大人が楽しめる旅行ができるのもその時期だけ。

ゆる子
ゆる子
その後はしばらく子供と一緒に楽しめる旅が中心になります。

もし赤ちゃん連れでの旅行を考えていらっしゃるのであれば、ぜひともハイハイ前をおすすめします。

【赤ちゃん子連れの旅行先】海外?国内?おすすめは?年齢別で見る旅先の決め方『今年のゴールデンウィークは10連休。どこ行こう??』 うちは旦那さんが育児休暇を取っていたので、息子が0歳の頃から積極的...
RELATED POST