おうち英語

【おうち英語】DWEのシングアロングを中古購入。感想と我が家の使い方。

わが家では、息子が生まれた時から英語のDVDをかけたり、英語のお歌を流したり、自己流ですがおうち英語を実践しています。

おうち英語の名のもと、テレビ様にも子育てに協力してもらっている感は否めないですが(^_^;)

そんな中、耳からのかけ流しアイテムとしてDWEのシングアロングを取り入れ始めました(CDです)

そして、やっぱりよくできているなーというのが感想です。

 

今日はシングアロングを手にすることになった経緯と、我が家の使い方について綴っていきたいと思います。

耳に残るSingAlong

うちは、息子に好きなDVDを選んでもらって流すことが多いです。そして、久しぶりに選んできたのが、DWEのサンプルDVDでした。

赤ちゃんの頃、よくかけてたなー。懐かしいなーと思って一緒に見ていました。

あれに出てくる歌。気がついたら覚えてしまっているんですよね。

そして、やはり普段使うようなフレーズが歌になっていてよくできている。

やっぱり耳に残るんです。

自分を振り返ってみても、子どもの頃に覚えたアニメの歌は今でも覚えているんですよね。

ミンキーモモとか、聖闘士星矢とか。アニメの内容は覚えていないけれど、最初から最後まで全部歌えてしまいます。

そこで、記憶力がすごいこの時期に、耳からのかけ流しとしてDWEのシングアロングがいいなと急に欲しくなったのがきっかけでした。

言語習得に大切だと思うこと。

言語の専門家でも何でもないので偉そうなことは言えないのですが、

言葉を話す上で大切なのは、たくさんのフレーズの蓄積だと思っています。

昔、台湾ドラマにハマっていた時期がありました。台湾ドラマは恋愛関連のお話が多いんですよね。だいたい同じような話なので、たくさんの同じような会話フレーズが耳に残る。

そして当時中国人の彼氏がいたのもあって、男女間の中国語会話は完璧でした(笑)

ドラマや実生活から蓄積されたフレーズが自分のものになっていたので、頭で考えなくても話せるんですよね。

仕事で英語が必要だった時も、必要にかられて勉強して使っていると、仕事関連の会話は何となくできるようになりました。

ただ、それ以外のプライベートな会話や日常会話になると途端に文法が気になったり、単語が出てこなかったり。全然話せませんでした。

だから、言語を習得するために必要なのは、

単語や文法を学んで組み立てることができるようになることではなくて、

フレーズの蓄積と、どれだけ自分のものになっているかだと思っています。

日本語だって、文法を気にして話していません。どこかで聞いたことがあるフレーズたちを組み合わせて、単語を変えたりアレンジして会話していると思うんです。

なのでフレーズが耳に残るというのは、発話するためにはとても重要だと私は思っています。

そこで、聞き流し用にマザーグースの歌を流すよりは、必要な言い回しが楽しい歌になっているシングアロングがいいなと思ったんですよね。

もちろんシングアロングだけでは不十分で、そこに意味の理解や、もっと広がりのある内容が必要になってくるけれど。

でも、第一段階としてはとても良い。

とにかく、自分が納得できて使用方法がイメージできるものだったので購入してみました。(中古です!)

我が家のシングアロングの使い方。

ディズニー英語のシングアロングには、DVDとCDと歌詞が書かれた絵本があります。

我が家はテレビ時間を減らしたいという目的もあったのと、CDであればお手頃価格で手に入るので、絵本付のCDを購入しました。(中古相場はだいたい3000-10000円くらいで出ています。)

CDには、歌が入っているバージョンと、歌詞の朗読のみが収録されているスポークンバージョンの2種類があります。

調べてみると、スポークンバージョンの人気がないんですよね。

しかし我が家では、

家ではあえてスポークンバージョンを聞き流し。車で音楽バージョンを聴いています。

理由としては、音楽バージョンはちょっと難しかったから。

一通りシングアロングを聞いてみたのですが、1-4まである中で、1はまだ簡単で内容が聴きとれるのですが、2あたりからネイティブが歌っていることもあり聞き取れないところが多数だったんです(私が)。

家で聞き流す際は、息子と一緒に遊びながらなのでラジオ感覚で流れてくれていれば良いし、それほど朗読バージョンも苦痛ではなかったんですよね。

一方、車で聴く朗読バージョンは苦痛でした。

やはり楽しく運転したいし、息子も楽しく車に乗りたいだろうと思い音楽バージョンに。そんな感じで活用しています。

実際に使ってみての感想

一言で言うと、やっぱりよくできている。

歌の中に必要なフレーズが自然に組み込まれています。

例えば、以下のような歌詞の歌があります。

which way should we go?I don’t know which way we should go. ※Witch Wayより

こういう歌詞であれば、日本の英語の授業だと、疑問文だからshould が前に来ますとか、答える場合は順番がこうなりますよという説明が入ると思うんです。

それを歌で自然に言い回しが表現されているんですよね。

理由なんかない。これはこういうものですよと。

私は言葉は理屈やルールで覚えるよりも、頭で考えずそういうものだと思ってひたすら慣れていく方が良いと思っています。

なので、歌で自然に身についていくような仕組みがとても気に入りました。

そして絵本もかわいいのです!!特にディズニー好きではないのですが、色合いがかわいくてテンションがあがります。

 

ミュージカル音楽が好きならば、ママさんにもおすすめ。

私はミュージカル音楽が好きです。

サウンドオブミュージックだったり、グリースだったり大昔の映画も含め。

もちろんディズニー映画の音楽も大好きです。

もし、そういった音楽がお好きであれば、DWEのシングアロングはお子さんと一緒に聴いていてもあまり苦じゃないと思います。

特にSing Along3は大好きで、普通に聴いちゃいます。聞き流しって毎日のことになるので、苦痛ではないことも重要だと思うんですよね。

英語教材っていろいろあるけれど。

子どもができると気になる英語教材。どれもよくできていると思うんです。

でも、一通りサンプルとか見てみて思うのは、やはり高いだけあってディズニー英語システムが英語習得までのイメージができる(あくまでも個人的見解)。

これをうまく使いこなせれば、ある程度は浸透して話せるようになるだろうなと思います。

ただ、継続してうまく楽しみながら使いこなすのがとても難しいのだと思うけれど。

その他の英語教材もいろいろサンプルを見てみたのですが、DWEに比べると断然オシャレなのだけれど、やはり英語に親しむことが一番の目的なように感じました。

あくまでも日本語がベースで、英語ではこう言うんだよという感じが強いように思ったんですよね。

「an apple」は言えるようになっても、そこから進んでいくイメージが持てませんでした。

「英語に親しむ」以上を目指したい場合は、やっぱりDWEが良いのかなと個人的には思います。

最後に

すっごい偉そうにおうち英語について語ってみましたが、我が家は高額教材なしの自己流おうち英語です。

英語ペラペラではない母親が手探りで進めています。

この先どうなっていくのかもわかりません。なんせうちの息子は日本語さえも怪しいので。

でも、やはり教材の力もお借りしたいのが本音です。

金銭的に教材の正規購入は考えていませんが、中古でも頼れるところは頼りつつ、楽しくおうち英語を続けていくことができたらなと思います。

▽合わせて読みたい

おうち英語に使える?こどもちゃれんじぷち英語バージョンを2年視聴し続けた感想『赤ちゃんのうちから英語やりたいけれど、DWEやワールドワイドキッズは高い』 『安くて気楽にできるおうち英語教材はないかな??』 ...