新幹線

【赤ちゃん連れの東海道新幹線のぞみ】おすすめの車両と座席は?

本記事では、東京-大阪間を赤ちゃん連れで10回以上往復した私がおすすめする「のぞみ号のおすすめ車両と座席」について綴ります。

赤ちゃんや小さい子連れで新幹線。なるべく気を使わない座席を選びたいですよね。

ゆる子
ゆる子
私は、大阪出身、埼玉在住です

息子が0歳の時から東京-大阪間を頻繁に行き来してきました。

小さい赤ちゃんを連れての移動はドキドキすると思うのです(特に初めての場合)

そんな方に向けて、少しでも不安が解消される座席や車両をご紹介していきます。

のぞみに子連れ専用車両はあるの?

まず「のぞみに子連れ専用車両はないのか?」

ゆる子
ゆる子
残念ながらないんです

「東海道新幹線ファミリー車両」という子連れ家族専用車両が期間限定で発売されたりしますが、

のぞみ含め、東海道新幹線には子連れ専用車両はありません。

小さな子連れで新幹線を利用する場合は、なるべく気を使わないで良い時間帯や車両、座席を自分で選んでおく必要があります。

小さい子連れにおすすめの車両は11、12号車

まず、小さな子連れやベビーカー乗車の皆さんにおすすめなのが11号車、12号車です。

理由は主に4つあります。

11号車に広いデッキがある

11号車には、どうしようもなくなった時にホッとできる広いデッキスペースがあります。

引用:JR東海|車両のご案内

子どもがぐずったり、じっとしてられない場合は、後方のデッキに避難可能。

11号車か、隣接する12号車にしておけば、もうどうしようもなくなった時でも、デッキに頼れます。

ゆる子
ゆる子
同じように赤ちゃんをあやすママさんと遭遇することも

赤ちゃんと外の景色を見て気分転換したり。周りを気にせず子どもに向き合えます。

授乳可能な多目的室がある

デッキには多目的室があります。

普段は施錠されていますが、授乳したい場合は車掌さんに声をかけると利用させてもらえます。

広いトイレがある

広い多目的トイレがあります。

ベビーカーごと入れるし、オムツ替え台もあり。オムツ専用のゴミ箱も、一時的に赤ちゃんを座らせられる椅子もついています。

ゆる子
ゆる子
ママ1人しかいなくても、お子さんと一緒にトイレに入れるので安心です。

子連れが集まるのでお互い様な気楽さがある

以上の理由から、11号車12号車には赤ちゃんや子連れの方が集まっています。

少々ぐずったり騒いだりしてもお互い様な気楽さがありおすすめです。

取りたい座席ナンバーワンは11号車12B、13B席

そして11号車・12号車がおすすめと書きましたが、11号車には、3列シートの中で唯一2列しかシートがない座席があります。

座席表では、11号車の12B、13B。

引用:JR東海|車両のご案内

ここが一番のおすすめ座席です。

ここは車いすが止められる座席に併設されていて、出発当日まで一般発売はされません。

ただ、当日になれば車いすでなくても普通に購入できます。

この12B、13B席の魅力は

ベビーカーのまま横づけして乗車できる点

こんな感じに利用できます。

後ろもベビーカーママさん

ゆる子
ゆる子
新幹線移動で一番楽なのは、乗車中に子どもに寝てもらうことです。

それを叶えてくれるのが、11号車12B、13B席。

ただ前述したように、あくまでも車いす付き添い用の方の席なので、当日までは一般販売されません。

当日みどりの窓口で空き確認ができますが、人気の座席なので窓口での購入はほぼ不可能。

11号車12B、13Bを狙う場合は、あらかじめオンラインで予約・変更ができる「スマートEX」か「エクスプレス予約」に加入必須です。

どちらかのサービスに加入しておけば、当日朝5時半に12B、13B席が解放されるのでオンラインで予約可能。

とりあえず予備として11号車、12号車のどこかの座席を取っておく⇒当日エクスプレス予約で11号車12B,13B席の空きを確認⇒変更が一番理想の流れです。

スマートEXとエクスプレス予約についてはこちらの記事で違いを解説しています。

参考にしてくださいね。

スマートEXとエクスプレス予約の違いは?向いている方・申し込み方法を解説本記事では「スマートEX」と「エクスプレス予約」の違いを分かりやすく解説します。 新幹線をスマホで簡単に予約できて、出発まで何度も...

11号車12B・13B席が取れない時の選択肢

11号車12B、13B席は人気なので、時期によっては取れない場合もあります。

ゆる子
ゆる子
その他の選択肢について綴らせていただきますね

夫婦で帰省ならDE席先頭もあり

ゆる子
ゆる子
できればベビーカーで寝たまま移動してほしい!!

そんな方には、進行方向に向かって先頭のD,E席もありです。

ベビーカーによりますが、一番前の座席であれば横向きにベビーカーが置けます。

我が家のマジカルエアーはすっぽりこちらのスペースに入ります。

大人は足元が狭く若干辛いですが、これもラクに移動するため。

ただし、隣の人の迷惑になるので夫婦など2人以上利用でD,E席にするのが吉です。

ゆる子
ゆる子
我が家は今年の年末年始はこちらのスタイルで移動しました。

荷物が多ければ車両最後方座席

子連れは荷物が多いですよね。また、ベビーカーを畳んで置くにもスペースが必要。

荷物が多くても気楽に置きやすいのは、車両最後方座席です。

こちらの背もたれの後ろは、余裕があるので大きな荷物も置きやすいです。

ただ、たまに大きな荷物が既にに置かれていたりして、

ゆる子
ゆる子
ちょっと!!ここに荷物置きたいからこの席にしたのに!

となることがあります。

ただ、こちらに他の人が荷物を置いてはいけないという決まりはないので、難しいところです。

繁忙期で座席が空いていない時は最低でも2列席の通路側を取りたい

年末年始やお盆などの混みあう時期は、なかなか希望の座席にありつけません。

そんな時はとりあえず通路側、できれば2列席(DE席)の通路側を取りたいですね。

やはり子供がいると、立ち歩くことも頻繁になります。3列席真ん中や窓側席だと、どうしても通路側の方に立ってもらったりする必要が出てくる。

ゆる子
ゆる子
やはり子連れは通路側が気楽です。

平日昼間は、3列席の通路側(c席)もおすすめ

お子さんと2人で新幹線を利用する場合、かつ平日昼間の空いた時間帯は、C席もおすすめ。

というのも。。

ゆる子
ゆる子
こんな感じで、B席が空席の事が多いんですよね。

膝に子供を乗せていたり、足元で遊ばせていても、隣に空席があって余裕があるので

気がラク

というのがあります。

ゆる子
ゆる子
選択肢の1つとしてご検討くださいね

混雑時期でなければいっそ自由席もあり

また、子どもが小学生にあがるまでは、新幹線料金は無料です。

混雑時期でなければ自由席で、子どもも座席を利用してゆったり移動するのも一つです。

ゆる子
ゆる子
6歳以下の兄弟が多い場合は、こちらの方がラクで安くすみますね。

まとめ

子連れで東海道新幹線のぞみを利用する場合のおすすめ座席と車両について書かせていただきました。

繁忙期は難しいと思いますが、

  1. 11号車、12号車の中から座席を予約
  2. 理想は先頭座席か後方座席通路側(荷物が置きやすい)
  3. 出発当日、11号車12B,13B席への変更を試みる。

これが私のお勧めの流れです。

ただし、先ほども書きましたが6歳以下の兄弟での移動で、混雑するような時期ではなければ、自由席利用の方がゆったりできるかもしれません。

そのあたりは、お子さんの人数等で臨機応変に対応お願いします!

以上、ざっくりとですが、のぞみ号のおすすめ車両と座席について書かせていただきました。

とりあえず赤ちゃん連れの新幹線はやはりオンラインで予約・変更ができる「スマートEX」か「エクスプレス予約」が便利です。

年会費無料のものと有料のものがあり、詳しく解説しているのでこちらの記事も参考にしてください。

スマートEXとエクスプレス予約の違いは?向いている方・申し込み方法を解説本記事では「スマートEX」と「エクスプレス予約」の違いを分かりやすく解説します。 新幹線をスマホで簡単に予約できて、出発まで何度も...

その他のぞみに赤ちゃんと乗車するコツも別記事で綴っています。

【新幹線】のぞみを10回以上利用した私が思う赤ちゃん子連れ乗車のコツ『無事に何事もなく過ごせるかな?』 『泣きわめいたり走り回ったり迷惑にならないかな?』 『どうやってやり過ごそう?』 ...

ありがとうございました!

読みたい記事を探してね!
関連記事